名刺入れ

名刺入れ

名刺入れ

このページは「名刺入れを選ぶときのポイント 」の情報コンテンツです。
名刺入れ > 名刺入れを選ぶときのポイント

豆知識

名刺入れを選ぶときのポイント

名刺入れを購入時に気をつけたいポイントについて、ご紹介します。名刺は自分の分身です。自分自身を収めておくための入れ物と考えて、名刺入れは選びましょう。

素材を選ぶ

まず名刺入れを選ぶ際に、一番に気になるのが素材です。もっとも一般的なのが革製。本革と合皮がありますが、本革は長持ちしますし、使い込むうちに独特の味が出てきますが、きちんとお手入れしてあげる必要があります。また、価格も高いですね。合皮は価格も安く、手入れも簡単ですが、高級感はありません。金属製の名刺入れもよく見かけるようになりました。形が崩れませんので、名刺の出し入れはしやすいですが、内ポケットに入れたままにしておくと名刺入れが当たって気になる方もいるかもしれません。

名刺入れの形にこだわる

みなさんがよく目にするのは、二つ折りタイプの名刺入れでしょう。片側に名刺を収納して、もう片側はフタのような機能を有しています。シンプルに二つおるものだけでなく、ボタンがついており、しっかりと止めることができるタイプもあります。また、珍しいものとしては、タバコのケースのように、縦にあけて名刺を取り出すものもあります。金属製の名刺入れによく見る形です。珍しい形のものは、かっこよく目を引きます。しかし、シンプルな従来型もののは、フタの裏にいただいた名刺入れをおく、といったテクニックを名刺交換の時に使いやすいと言えます。

カラーやデザインについて

名刺入れのカラーで圧倒的に多いのが、黒か茶系でしょう。名刺はほとんどが初対面で渡すものですから、あまり自己主張せずに、無難なカラーやデザインを選ぶ方が多いようです。もちろん、赤や黄色といったビビッドなカラーの名刺入れもたくさんありますし、ゲームの形をしているようなおもしろデザインのものもあります。珍しいデザインの名刺入れなら話題作りになるでしょう。誠実さや初々しさを出したい場合は、シンプルな名刺入れが適しているでしょう。

会社や自分のイメージ、名刺を渡す相手を考えて

名刺入れの選び方について、いくつかご紹介してきましたが、しっかり考えておきたいのが、自分が所属している会社と自分自身をどのようなイメージで見てもらいたいか、名刺を渡す相手がどのような方か、よく考えて選びことが大切です。デザインの仕事をしていれば、奇抜なデザインなモノもよいでしょう。女性でかわいらしく見せたいなら、ポップなカラーの名刺入れもいいと思います。また、渡す相手がかなり年配の方なら、奇抜なデザインものでは、印象を悪くするかもしれません。どのように自分を見てもらいたいか、をよく考えて、名刺入れは選びましょう。

名刺入れ 激安通販