名刺入れ

名刺入れ

名刺入れ

このページは「名刺の渡し方の基本 」の情報コンテンツです。
名刺入れ > 名刺の渡し方の基本

豆知識

名刺の渡し方の基本

名刺はビジネス上、大変重要なアイテムです。名刺は自分の分身なのです。名刺を差し出すことは、自分の分身を差し上げることであり、名刺を受け取ることは、相手の分身をいただくことと言えます。なので、名刺は丁寧に取り扱うことが大切です。

名刺を差し出すタイミングについて

名刺を差し出すのは、訪問した側から、目下から、というのが原則です。相手の様子をみて、タイミングをはかりましょう。早すぎて相手をあわてさせるのも、バッグやポケットの中など、あちこち探して、相手を待たせてしまうのもいけません。

ただ、複数で訪問したり、訪問を受けたりするときは、役職の高い人から先に名刺を出します。役職の上下がわかりにくかったり、別々の部署だったり、年齢で判断しにくい場合には、相手は名刺を差し出した順で上下関係を判断します。上司を差し置いて、先に名刺交換をしないように注意しましょう。応接間に入ったら、上司が先に名刺交換しやすいように位置関係に気をつけます。もし先方があなたに先に近づいてきたら、一歩下がって上司の方に目線を向けるなどして、先方に自然に上下関係を伝えましょう。

名刺の持ち方

名刺を手渡すときの持ち方にも気を使うと印象がよくなります。横型の名刺の場合は、基本は両手で持ちます。親指で角を持って、残りの4本の指で支えます。下の4本の指を握り拳のようにして、名刺をつまんでしまうのはいけません。力を抜いて少し丸める程度にします。また、名刺は軽く持ちましょう。指紋がつくほど強く持ってはいけません。

縦型の名刺の場合は、右手で名刺を持って、左手は右手の手首近くに添えます。右手は親指以外の指はそろえて、指と指の間が開かないように気をつけましょう。左手を添えずに片手で持つのは失礼です。また、左手で手首を持つのは不格好ですので、左手は添えるだけにしましょう。名刺入れがあるときは、名刺入れを手首近くに添えます。

立ち姿も美しく

名刺を渡すときの立ち姿にも気を配りましょう。相手に与える印象が大きく変わります。かかとをそろえて背筋はしっかりと伸ばします。お腹に力を入れて、あごを少し引くときれいに見えます。名刺は胸の少し下あたりで両手で持ちます。相手に対して正面を向いて、目線は名刺ではなく、相手の顔に持っていきます。

名刺入れ 激安通販