名刺入れ

名刺入れ

名刺入れ

このページは「押さえておきたい名刺交換のマナー 」の情報コンテンツです。
名刺入れ > 押さえておきたい名刺交換のマナー

豆知識

押さえておきたい名刺交換のマナー

名刺は、一方的に差し出したり、受け取ったりすることはあまりありません。たいがい名刺交換の形になります。名刺を交換するときに押さえておきたいマナーを見てみましょう。

名刺交換の基本

名刺交換を行う直前まで、自分の名刺は両手で持っておきます。その時、名刺入れは名刺の下に添えます。交換するときは、右手で先方に自分の名刺を差し出し、同時に名刺入れを持った左手で先方の名刺を受け取ります。相手の名刺が横型なら、手に持っている名刺入れを横向きに、縦型なら縦向きにして受け取りましょう。名刺を頂戴したら、必ず両手で持ちます。名刺を落としたりしないように、丁寧に取り扱いましょう。

名刺交換時のあいさつについて

実際の名刺交換はお互いにお辞儀をしながら行うことになります。相手の顔を見てから、上半身を少し傾けて、お辞儀をしながら、「頂戴いたします」と言って、受け取ります。受け取ったら、「○○様でいらっしゃいますね」、「お時間をいただき、ありがとうございます」、「珍しいお名前ですね」など、名刺と相手の顔を確認しつつ、一言二言お話をすると、なごやかな雰囲気になります。お辞儀をしたまま、名刺ばかり見て相手の顔をよく見ない、ということがないようにしましょう。

複数の方と名刺交換する場合

複数の方と名刺交換を行うには、ちょっとしたコツが必要です。まず、人数分の自分の名刺を取り出して、名刺入れのフタの下に重ねて置いておきます。そのうちの1枚を取り出して、最初の方と名刺交換をします。名刺入れの上で受け取った相手の名刺をフタの下の自分の名刺の上に置いて、自分の名刺を下から取り出します。そして、2番目の人と同じように名刺交換を行い、受け取った名刺は速やかにフタの下の最初の人の名刺の上に重ねるのです。少しテクニックが必要なので、練習しておくといいでしょう。

名刺入れがない場合

廊下や道端などで偶然お会いして、複数の方から名刺をいただくこともあるでしょう。こちらから渡す名刺がない場合は、右手で名刺をいただいて左手に移し、次の人の名刺も右手で受け取ります。左手は右手に添えるようにします。2番目の方の名刺は、最初の方の名刺の上に重ねるのではなくて、下に置きます。名刺入れがあるときは相手から見えませんので、スピードを重視して上に重ねていましたが、名刺入れがない場合は、通常立場が上の方から順番に名刺をいただくので、2番目以降の方の名刺は下に重ねていきます。立場が上の方の名刺が1番上に来るようにしましょう。

名刺入れ 激安通販