名刺入れ

名刺入れ

名刺入れ

このページは「名刺入れのもつ機能について 」の情報コンテンツです。
名刺入れ > 名刺入れのもつ機能について

豆知識

名刺入れのもつ機能について

名刺入れはどれも同じようなものだと思っていませんか。単純なつくりに思える名刺入れも、少しつくりが違うだけで、使い勝手が大きく変わってきます。

ポケットつきの名刺入れ

自分の名刺を入れておくところとは別に、ポケットがついているものがあります。また、名刺を入れるところが二つに分かれているものがあります。ポケットが二つ以上あると、自分の名刺といただいた名刺を分けて入れることができますので、大変便利です。

ただ、便利だからといって、いただいた名刺をいつまでも名刺入れの中に入れたままにするのはいただけません。万一、相手の方に、以前もらった名刺も入っているのを見られたら、自分の名刺もそのように扱われものと思われてしまいます。たくさん入るからといって、入れっぱなしにするのではなく、いただいた名刺は別に保管しましょう。

複数の機能をもつ名刺入れ

名刺入れの中には、バスや電車の定期券も入れられるもの、小銭入れがついているもの、中にはメモ帳がついているタイプもあります。一つの名刺入れで多数の役割を果たしてくれますので、大変便利なのですが、一般的にはあまりおすすめできません。多くの人が名刺入れのみとしての機能を持つものでないと、相手に失礼にあたると考えています。やはり、名刺は人間の分身と考える人が多いので、他のものと混ぜてしまうことに抵抗感があるのです。

複数の機能を有する名刺入れは、便利で個性的ですが、仕事柄、自分のキャラクターなどをよく考えて、判断した方がいいでしょう。上司に相談してみるのもいいと思います。相手に自分をどのように見せたいか、が一番重要になってきます。

マチの大きいものか、小さなものか

名刺入れのマチが大きいと、名刺がたくさん入り、出し入れもしやすくなります。小さくうすいものだと、あまり名刺が入りませんし、窮屈なので、取り出すときに名刺の角が丸くなってしまうことがあります。しかし、マチが小さいと、型崩れしにくく、デザインとしては美しく見えるところが大きなメリットです。パンパンにふくれた名刺入れは、かっこいいものではありません。マチの部分のつくりがどうなっているかも購入時にチェックするといいでしょう。

名刺入れ 激安通販