名刺入れ

名刺入れ

名刺入れ

このページは「キャッシュカード・クレジットカードのスキミング対策方法 」の情報コンテンツです。
名刺入れ > キャッシュカード・クレジットカードのスキミング対策方法

豆知識

キャッシュカード・クレジットカードのスキミング対策方法

私たちが普段持ち歩いているカード類の中で特に使用頻度が高いのがお金にまつわるカード、キャッシュカードやクレジットカードです。落としたら大変なことになりますが、落としてもなく、盗まれてもないのに口座からお金がなくなったり、覚えのない高額なカード請求がくることがあります。

スキミング犯罪とは

スキミングとは、カードに記録されているデータをスキマーと呼ばれる読み取り装置を使ってカードの磁気情報を盗むことです。盗んだデータを別のカードに書き込めば、他人の口座からお金を引き出すことができます。ATMの立場から見れば、、データ上は正しいカードなので、当然お金を出します。 スキミング犯罪の典型的なパターンとしては、スキミングで磁気情報を盗む者、抜き取ったデータを元に偽造カードを作る者、そのカードを使って現金を引き出す者と、分かれています。細分化されることで、警察の捜査も難しくなっているようです。

カードのセキュリティは脆弱

キャッシュカードやクレジットカードは、異なる国、異なる金融機関などで使えるように制定された規格を元に作られています。カードの大きさ、磁気ストライプに記録されたデータの形式などが細かく決められています。しかし、カードの核であるデータの形式が元々脆弱でした。当時、暗証番号があるのでそれほど問題視されませんでしたが、現在では暗証番号を手に入れることも難しくなくなりました。 データに問題があるなら改善するのが当然で、普通は書き込む情報量を増やして複雑化するのですが、磁気ストライプの記録容量が極端に少ないため、データを増やすことが難しいのです。また、カード規格そのものの変更も読み取る端末を全て変更しないといけないため、これも困難なのが現状です。

カードの磁気情報はどうやって盗まれるのか

キャッシュカードの磁気ストライプに書き込まれている磁気情報が盗まれてしまうと偽造カードが作られて、口座から預金を引き出されてしまいます。この磁気情報を盗みのに使われるのが、スキマーと呼ばれる機器です。スキマーは磁気情報を読み込む磁気カードリーダーですが、読んだ情報を記録することができ、サイズも手のひらに収まるほどの小ささです。 スキミング犯罪が狙われるのは、カードが持ち主から離れたタイミングです。銭湯やサウナ、スポーツジムなど貴重品をロッカーに預けるような場合に狙われやすいのです。スキミングそのものはスキマーでカードを通すだけですから、わずか数秒のことです。目的は磁気データだけなので、スキミングが済めばカードは戻されます。何もなくなってないので持ち主が気がつくのに時間がかかるのです。

名刺入れ 激安通販